ブランド古着 アルファストリート

メンズアメカジブランド古着買取の老舗「アルファストリート」

ブランド古着買取 アルファストリート
0120-377-999
電話受付時間:9:00 ~ 22:00(年中無休)
店頭受付時間:9:00 ~ 18:00(年中無休)
  1. トップページ
  2. アルファストリート業務日誌
  3. ナイキ NIKE FREE SB フリー 704936-030スニーカー買取強化中

ナイキ NIKE FREE SB フリー 704936-030スニーカー買取強化中


600x450-20161222000141

600x450-20161222000151
こんにちは。アルファストリートブログ担当です
昨日は個人的にほしかったスニーカーを抽選したらなんと当選!!!とてもラッキーでしたwww

本日買取したスニーカーをご紹介
↓↓↓
ナイキ NIKE FREE SB フリー 704936-030スニーカー
着用回数の少ない美中古品でした。。。
世田谷区砧まで出張買取行ってきましたよ♪
当日連絡を頂きすぐに出発
渋滞なしでスムーズに到着出来ました。
年末ですので出張買取の依頼が増えています。当店ではどんな状況でもスムーズに対応しています
お気軽にお問い合わせ下さいね!

ここでスニーカーの歴史を紹介
↓↓↓
スニーカーが流行しだしたのは、1970年代後期のことである。それまで若者は、キャンバス地や堅い革のスポーツシューズを好んで履いていたが、一気にスニーカー一色となった。きっかけとしては、アメリカでNBAが1976年にABAから4チームを迎え入れ、それを機に各靴メーカーが大々的にマーケットを広げたことが挙げられる。

1980年代、NBAの一大スターマイケル・ジョーダン (Michael Jordan) のスポンサーであったナイキが、彼をスポークスマンとしてバスケットシューズの新ラインを発表・販売。当時のエア・ジョーダン (Air Jordan) は、100ドルという当時では高価であったにも拘らず、アメリカの販売店では長蛇の列ができ飛ぶ様に売れた。そのコレクション性から、後に日本ではコレクターの間で何万、何十万という値段が付いた。その高額さゆえに、アメリカの低所得地域などではエア・ジョーダンを奪うために傷害事件等が起きている。その他有名ブランドのスニーカーに関しても、似たような事件は後を絶たない。

1990年代、ナイキやリーボックを筆頭にハイテクスニーカーブームが到来。スニーカー専門のファッション雑誌も登場し、流行のスニーカーは盗難、エアマックス狩りが続出、社会現象ともなった。その中でもナイキ・エアマックス95やリーボック・インスタ・ポンプ・フューリー は90年代のハイテクスニーカーブームを象徴する存在と言える。

2000年代に入ると、ローテク、ミッドテクスニーカーが主流となる。ナイキではエアフォース1、ダンクなどが定番としての地位を確立、アディダスではスーパースター、スタンスミスなどが定番として履かれるようになった。また、DCシューズ、VANSに代表されるスケートボードに特化したスニーカーも人気がある。これに加え、コンバースのオールスターなど、昔ながらのキャンバス地スニーカーも根強い人気がある(レザー製スニーカーに比べ安価なのも理由に挙げられる)。レザー製スニーカーでは国産のスピングルムーヴ、ブルーオーバーもある。

【NIKEナイキ 買取実績】
kaitori_item

【スニーカー ブランド一覧】
category_sneakers

  • お気軽にお問い合わせできる LINE@

高額買取中!

アルファストリートでは、只今ジュエリーアイテムを高価買取キャンペーン中

その他のブランド

買取アイテム